アプセット鍛造

  • 複雑形状・中空品に対応!
  • 少ロット~量産まで幅広く対応!
  • 長さ500㎜までの長尺品に対応!

【1】複雑形状・中空品に対応!

シャフトやフランジ形状の中~量産品によく使われるのがアプセット鍛造です。
アプセット鍛造には、下記のメリットがあります。

①コストダウン

・材料(張り等)が少なく済み、材料コストの削減も可能

②強度の向上

・綺麗なファイバーフロー(鍛造線)を作ることができるため

③短納期化

・切削等の工程を低減し、リードタイム短縮が可能
東名鍛工では、「複雑な形状の製品」や「中空品」にも対応しており、多様化される時代のニーズにお応えします。

コストダウン事例はこちら

 

複雑な形状の製品例

複雑な形状の製品例

中空品の製品例

中空品の製品例

【熱間工程で可能な各種形状例】
■長い軸物の据込み成形:クロスシャフト、ステム(ゲートバルブ)、CVJジョイント
■両端据込み成形:デハアンカー(コンクリート吊り具)、プロペラシャフト
■据込み孔明け成形:ラックピストン、スリーブヨーク
■絞り込み成形:EXT、SFT、メインシャフト
■袋孔成形:ビット(削岩機)
■パイプの肉厚成形:マカロニチュービング(油井管)

【2】少ロット(300本)~量産(20,000本)まで幅広く対応!

少ロットから量産まで対応

自動車(ミッション系)・バルブ関係・建築機械・農業機械・トラックや鉄道部品など、様々な業界に製品を納入してきた実績が、東名鍛工の強みの一つです。

お客様にメリットのある提案は好評を頂いております。ぜひご相談ください。

【3】長さ500㎜×最大外径Φ100mmまでの長尺品に対応!

長尺品に対応

東名鍛工では、建機やバルブ関係など「強度」を必要とされる業界への長尺品の納入実績が豊富にあります。

最大で、「長さ500㎜」×「最大外径Φ100mm」まで対応しています。また、長尺品の両端鍛造成形も可能です。お客様のご要望に応じて対応致します。